病気関連

うつ病と解離の治療経過報告[6月]

こんにちはせんちゃん(@senchan0413)です!

@senchan0413)←この部分ツイッターと連動?させてみました。

よかったらフォローお願いします(*´ω`*)

 

せんちゃん
せんちゃん
6月分の治療経過を報告するよ〜
ぬこ様
ぬこ様
もう7月だにゃ

 

私のうつ病解離性障害の治療経過を近況とあわせて報告したいと思います。

5月に近況報告してから約2ヶ月経とうとしています。

前回の記事はこちら→→うつ病と解離の治療経過報告[5月]

 

せんちゃん
せんちゃん
6月ちょっとバタバタで報告し忘れてたんよね
ぬこ様
ぬこ様
ニート暇無しにゃ

 

うつ状態の治療経過報告

せんちゃん
せんちゃん
えー6月はうつ病、解離ともに悪化しました
ぬこ様
ぬこ様
にゃに!!先月順調そうだったのに残念にゃ

うつ病についてはこちら→→うつ病とは?どんな症状がでるの?

解離性障害についてはこちら→→解離性障害とは??症状と治療法について

 

せんちゃん
せんちゃん
おとんが急に体調崩して夜中救急車に運ばれることが増えてさ…

ガン末期やから仕方無いんやけど…

なんやかんや半強制的に父の介助に翻弄した月でした。

 

癌末期、余命2ヶ月の父救急車に運ばれる

せんちゃん父は末期ガンであると今年3月に告知された。

現在7月なので余命2ヶ月になろうとしている。

C型肝炎の治療と共に、脳梗塞の治療、間質性肺炎の治療、全身に広がったガンの治療を行っている。

ガンに侵された左の肺は一部手術でとりのぞき、腸もガンが進行していたので15センチ程手術でとりのぞいた。

肝臓のガンはラジオ波というもので焼いたり…

せんちゃん
せんちゃん
とりのぞいた臓器を手術後見せられるって知らなくてびっくりしたよ〜デローンって
ぬこ様
ぬこ様
ちゃんと手術して取りましたよって確認なのかにゃ?

父の臓器を目の前にして圧倒されたせんちゃんは医師にそれらの確認はできず…

毎度とりのぞいた臓器を大事そうに持ってきてくれるので、医学に乏しいせんちゃんはひたすら感謝のを伝える。

 

手術中、手術後の死亡リスク有りきの手術なので立ち会いは必須なのだが、今まで手術開始直前に間に合ったことは一度しか無い

ぬこ様
ぬこ様
え!毎度遅刻!?
せんちゃん
せんちゃん
うん…実は病院まで家から2時間かかるねんけど、手術が月曜日の朝が多くて始発で電車に乗ってもバスが無くて間に合わんねん〜。

朝やからタクシーも無く…

※せんちゃんは解離性障害を発症した後、車の運転中意識が飛んだことがあるので8年前に運転はやめている

 

手術開始してから30分以内には病院についているので問題は無いらしい。

もし、手術中に何かあったときのための立ち会いなのだそう。

立ち会いといえど5.6時間くらい待合室で待機しているだけである。

 

余談だが『ホンマでっか!?TV』の植木理恵先生の話によると、月曜日に受ける医療手術は死亡率が低いらしい。

せんちゃん
せんちゃん
だからモーマンタイ(問題なし)!

おとんにはバス停らへんから頑張れって祈ってると伝えてある

ぬこ様
ぬこ様
にゃるほど。確かに引きこもりのせんちゃんには荷が重そうにゃ
せんちゃん
せんちゃん
いや、それは慣れたからそこまでの苦じゃ無くて…
ぬこ様
ぬこ様
えw他にもあるにょか!
せんちゃん
せんちゃん
てへへ(ノ∀`)

一番しんどかったのは、おとんが間質性かんしつせい肺炎悪化して生死をさまよったときなんよね

 

夜珍しく父から電話が鳴ったかと思ったら救急隊員の人だった

呼吸がおぼつかず父は外で倒れたらしい。

父の飲み友達が近くを通りかかり救急車を呼んでくれたそう。

救急隊員の方から、

意識はあるけど自力での呼吸が困難ですぐに受け入れ先の病院を探すから救急車のあるところまで来てほしい

という連絡だった。

幸い、せんちゃんの家と父の家は電車で一駅という距離なのですぐに駆けつけ救急車に乗り込んだ。

かかりつけの大学病院に到着し、父の主治医が当直だったためすぐに見てもらえた。

主治医から呼ばれ話を聞くと

  • かなり危ない状態である
  • 今日、明日にどうこうなっても(死んでも)おかしくない
  • 呼びたい人がいるならできる限り呼んでほしい
  • もし、心肺停止状態になった場合、延命治療(心臓マッサージ)をするのか今ここで決めてほしい

というような内容だった気がする。困惑しすぎてうろ覚え…

 

延命治療はするのかしないのか

心臓マッサージにおいては、肋骨あばらが折れるくらいの勢いでマッサージするので、父と似たような状況の人は大半の人が心臓マッサージを『しない』という判断をすると聞いた。

 

まだ先が長い若い人には施す場合はあるが、父のように余命が短い人は、たとえ生き抜いたとしても肋骨あばらが折れた、かなり痛い状態で残り人生を生きながらえることになるらしい。

一刻を争う状況で早く判断しないといけないのに言葉は出ず涙だけが出てきた。

こわかった。

今まで見たこと無いくらい黄色く浅黒くなった父の姿も、自分の判断ひとつで父の命がどうこうなってしまうこともすべてがこわくて逃げ出したくなった。

 

泣いて答えが出せないせんちゃんに医師は

「後から変更してくれて構わない、幸いお父さんは意識があるのでさっき本人に聞いたら延命治療はしない方向にうなずいた。もう一度今からお父さんに確認しに行くので娘さんも同行の上、答えを出してほしい」

すごく丁寧に説明をしてくれる若く優しい主治医だった。

 

せんちゃんも父の意思を尊重しようと『延命治療はしない』という答えを出し、家族に報告すべく夜中2時頃帰宅した。

せんちゃん
せんちゃん
事前にそういったこと確認しとけばよかってんけど、頑張って生きようとしてるおとんにそういう質問しづらくてさ…
ぬこ様
ぬこ様
聞いてたほうがいいだろうけど難しい問題だにゃ
せんちゃん
せんちゃん
かなり危なかったけど、おとんはなんとか山場を乗り越えたよ〜
ぬこ様
ぬこ様
ひとまず安心だにゃ

 

強制退院は突然に…

そう、ひとまず安心かと思っていたら病院の先生から突然の呼び出し。

退院は順調にいけば3週間後の予定。

一体なんだろうと、父の着替えやら大荷物を抱えて病院へ向かう。

病院へ着き、父と合流したせんちゃんは待合室とは別の部屋に通される。

担当の主治医と婦長ふちょうさんがいた。

そこでせんちゃんと父は驚きの内容を伝えられる。

 

婦長「何度かね、疑いがあったんだけど先程お父さんに確認したらタバコをね、吸われてるみたいで…わたし達病院の治療方針と外れてしまうので本日強制退院してもらうことになりました」

ぬこ様
ぬこ様
厳重げんじゅう注意ではなくて強制退院!?
せんちゃん
せんちゃん
そう、これにはせんちゃんもかなり驚いた(笑)

病院内では全面禁煙なので、喫煙する人は近くのコンビニや公園の喫煙所を利用する。

父も酸素マスクを外し、コンビニへタバコを吸いに行っていたよう。

 

残り3週間タバコを吸わないと約束できるなら、強制退院は免れるという話だった。

父「嘘はつかれへん(つけない)退院する。

と言い、入院1週間目にして強制退院を受け入れ、まさかの退院となった。

ぬこ様
ぬこ様
な…なんと…
せんちゃん
せんちゃん
ここで大変なのは本日持ってきた荷物よ

そう、先程持ってきた荷物入院中の荷物

ガンの治療で足の骨が折れかかっている父は歩くのもままならずもちろん荷物なんて持てない。

せんちゃんの頭の中はどうやって荷物を持って帰るかということでちょっとパニックに。

混んでるバスや電車を想像すると憂鬱ゆううつになった。

正直そんな話なら事前に言っててほしいと勝手ながら思った。

近所ならまだしも2時間かかる…退院やと知らせてくれていたら今日荷物持ってこなかったのにと…

せんちゃん
せんちゃん
まぁおとんがタバコやめれないし仕方ないんやけどね

その次の入院からは入院中は絶対タバコを吸わないという約束を父とした。

病院嫌いな父のため、病院の協力を得て手術等の入院期間は短めにしてもらっています。

 

診療内科での治療経過報告

父の様態が安定しないうちは、もれなくせんちゃんの精神も安定せず…

今後も父の体調が良くなることはないので仕方ないなぁと。

滅多に飲まない頓服とんぷくが6月は結構飲んでたのか無くなったので、心療内科で頓服とんぷくを1ヶ月分もらう。

 

心療内科の先生はせんちゃんの顔を見るなり

先生「顔がむくんで辛そうに見えますが調子はどうですか?

ぬこ様
ぬこ様
わかるもんにゃの!?
せんちゃん
せんちゃん
この先生はそういうの気づきはるんよね〜薄っすら化粧もしてたのにあなどれないわ〜

むくみは頓服とんぷくによる副作用のよう。

体重の変化はないが、全体的にムチムチしてきたせんちゃん。

父が救急車に運ばれたことをはなしていると、

先生「救急車付き添った帰りはどうしたの?病院に泊まり込んだの?

もうこの質問が出たことにせんちゃんは感動した。

救急車乗ったあとどうやって帰るかで毎度家族と揉めてたのです…

せんちゃん
せんちゃん
おとんのことで地味にダメージがでかいのが交通費やったんよね〜

6月は交通費だけで1万5千円超えたよ…

父の病院は泊まり込みが駄目なよう。

夜中交通機関が使えない場合、車に乗れない人たちはどうやって帰ってるんだろう?

先生もそういう人たちはどうやって帰るのかいつも気になるんだよね〜と話していました。

 

せんちゃんはタクシーで帰宅した。

夜中だと割高になるけど交通量が少ないからスムーズに帰ることができ、5千円ほどでした。

5・6月合わせて父の病院関係の出費が5万を超えたので7月は節約していこうと思います。

せんちゃん
せんちゃん
トホホ

 

おわりに

せんちゃん
せんちゃん
おとんが最後を迎えるときまでせんちゃんも倒れないようにせねば!
ぬこ様
ぬこ様
病人を持つ家族は共倒れになると大変だからにゃ〜
せんちゃん
せんちゃん
6月は2回救急車、1回手術あったから7月は3回救急車運ばれるだろうと勝手に予測してる

 

7月は遠出を控え、夜は早めにご飯お風呂を済ませ、急な呼び出しに備えようとしているせんちゃんでした。

また後日その後を報告したいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ブロガー1年生
せんちゃん
自宅警備員歴が長いためうなぎのぼりに家事スキル・節約スキル・病気の知識があがる。それらをちょこちょこ紹介していきます。
\ Follow me /
こちらの記事もおすすめ!