病気関連

ストレスを数値化して自分の心を客観的に捉えてみる

こんにちはせんちゃん(@senchan0413)です!

せんちゃん
せんちゃん
前回心の状態を表すコップの水についてのお話をしました

本日はストレスの数値化についてのお話をしたいと思います

ぬこ様
ぬこ様
なんだか難しそう…

 

前回のお話はこちら↓

心の疲れを例える「コップの水」を展開してみました!

 

全然難しいお話ではないです。

私自身賢いわけじゃなく、難しいお話は苦手です(笑)

 

私が実践してるストレスの数値化は2つあります。

1つ目が『心のストレスを数字にあらわしてみる』というものです。

2つ目が『苦手な相手との距離を上手に取るための時間の数値化』です。

2つ目は1つ目の応用といった感じのものです。

 

今回は1つ目の『心のストレスを数字にあらわしてみる』について詳しくお話したいと思います。

 

この記事はこんな方にオススメ!

  • 自暴自棄になりやすい
  • 自分の心をうまく言い表せない
  • 自分を客観的にみてみたい

 

ストレスの数値化って何?

ストレスの数値化は文字通り、ストレスを数字であわらしたものです。

特別な道具などは使わず、自分自身で今のストレス状態を把握していきます。

 

心の負担が無い状態を0%だとします。

心の負担の最大級を100%だと思ってください。

今のあなたのストレスは何%ですか?

だいたいでいいので想像してみてください。

 

ぬこ様
ぬこ様
今日は天気が悪いし、嫌なことがあったから60%!
せんちゃん
せんちゃん
こんな感じで大丈夫です

 

じゃあそのストレスをこんな方法で0%にしますよ〜というお話ではありません(笑)

そんな魔法があれば私も知りたい…

 

そのストレスを自分で認識することがストレスの数値化のポイントです。

ストレスの数値化のやり方はたったこれだけです。

とっても簡単だと思います。

  • ストレスを自分自身で把握する

では、なぜわざわざストレスを数値化するのでしょうか?

 

自分でストレスを認識することはなぜ必要なのか?

ストレスを数値化する最大のメリットは100%にならないというのがあります。

どんなに辛い状況でも、

今のわたしのストレスは何%だろう?

と考えてる自分がいる限り99%のストレスにとどまります

 

一歩冷静になって考えてる自分がいる限り100%にはならない』という仕組みです。

100%の状態だとそんなことを考えている余裕など無い、とも言えます。

 

ストレスが極限状態のとき、一歩冷静になって考える自分がいると突発的な行動を防ぐことも可能になってきます。

 

また、ストレスを数字にすることにより、過去のストレスとの比較が出来ます。

目に見えないものをできるだけ目に見える数字という形にすることによって、今の自分、昨日の自分、去年の自分など比べることができるのです。

うつ病などの病気は、こころの変化に波があるのですがストレスの数値化を日記のようにつけていると心の変化がわかりやすいです。

 

私自身も日記に自分のストレスの数値を毎日つけているのですが、うつ状態が一番ひどい時期に比べると良くなってきてきていると数字を見て判断しています。

 

どのように数字(○%)を決めていくのか

これは自分自身が決めた数字で大丈夫です。

私は自分がわかりやすいよう0〜100のあいだの50を『普通くらいのストレス』と位置づけていますが、人それぞれなので好きなように決めたらいいと思っています。

 

20を普通に設定してそれ以降の数字は細かく設定していきたい!というのもアリですし、自分がわかりやすいように位置づけしてもらえればなぁと思います。

 

ストレスの数値化を試してみて感じたこと

私はうつが一番ひどい時期はこのストレスの数値化をしていなかったので、特に記録はつけておらず日記だけ書いていました。

今あの頃の状態を数値化すると90%〜100%という数字になりそうだなぁと思います。

 

今は平均して60%から70%が多くなってきています。

あの頃よりは落ち着いてきたなぁと自分自身自覚しており、それに伴い薬の量も減ってきました。

 

ストレスの数値化を意識してからは、突発的な自傷行為などは激減しました。

これが私が思うストレスの数値化の一番良かったなと思っているところです。

 

今何%くらいだろう?

これが頭によぎったとき、一歩冷静でいられる自分がいます。

 

最近は高い%になると、『今この場』または『この人』から離れた方がいいな、と思うようになり、99%にまであがるのを防ごうとする自分がいることに気づきました。

 

悪く言えば『現状から逃げる』、良く言えば、『自分の身を守る』という行為です。

私はうつ病の治療をしていく上でこれは避けては通れないだろうなと思っています。

 

うつ病の方は、辛い現状から逃げたり、自分を守ったりするのが苦手な方が多い気がするのですが私自身もかなり苦手で下手くそです。

毎度毎度ストレスの原因も形も違うし、乗り越えても乗り越えても前に立ちはだかるイメージです。

8年目になるうつ病ですが、薬の変化よりも自分で対策を立てたほうが個人的に生きやすくなってきたのでストレスの数値化は試してみてよかったなと思えたものになりました。

 

おわりに

いかがでしたか?

できれば突発的な自傷行為を防いでほしくて今回このストレスの数値化についてのお話をしました。

  • 今の心の状態を○%であわらしてみる
  • 日頃意識しながら心の数字を出してみる

 

自分には関係ないかな、と思って読んでもらえるのがベストですが、しんどい時が続く、そんな日がきたら思い出してくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

せんちゃん
せんちゃん
次回は『苦手な相手との距離を上手に取るための時間の数値化』の話をしていこうと思います
ぬこ様
ぬこ様
他の記事もあるからゆっくりしてってね

 

ブロガー1年生
せんちゃん
自宅警備員歴が長いためうなぎのぼりに家事スキル・節約スキル・病気の知識があがる。それらをちょこちょこ紹介していきます。
\ Follow me /
こちらの記事もおすすめ!