病気関連

双極性障害の疑いから1ヶ月…その結果は…!!

こんにちはせんちゃん(@senchan0413)です!

 

前回の治療経過報告から1ヶ月が過ぎました!

うつ状態や解離性障害はおさまりつつあるけど、双極性障害の可能性が出てきた!!というのが1ヶ月前の話です。

 

心療内科にも行きその結果が出ましたので近況とあわせてご報告したいと思います!

 

双極性障害・躁うつ病とは?症状と治療法こんにちは!せんちゃんです! みなさま『双極性障害』はご存知でしょうか? あまり聞き慣れないかたも多いと思いますが、双極性障...

 

 

双極性障害なのか!?診断結果は…!!

いつも通っている心療内科なのに病院についたせんちゃんは妙にドキドキした気持ちで診察を待っていました。

双極性障害の場合、その症状を自己申告しないと医師もわからない場合があるので何を話すのか頭の中で復習し、待つこと30分…

○○さ〜ん、どうぞ〜

ついに!呼ばれた!!

 

先生「最近どうですか?何か変わったこととかはないかな?

せんちゃん「最近ブログで双極性障害のことについて書いたんですけど…

先生「あ〜双極性障害のこと書いたの!ブログ進んでいるんだね!

 

せんちゃん「はい、マイペースにやってるんですが…双極性障害のことについて書いたとき、あまりにも自分にあてはまるなって気になって…

先生「どういうところがあてはまるのかな?

せんちゃん薬を飲んでないと睡眠時間が短いのと、たまにテンションがあがって家族から変な目で見られるのと、一つのものを買い占めるようなところがあるんです。

 

先生「何を買ったの??

せんちゃん「1回目はあんぱんで2回目はメロンパンを…たいして好きでもないのに毎日買い占めていたんです…

先生「それは初耳だね〜でも金額が大きいものじゃなくて安心しました!(笑)

 

せんちゃん「そうなんです!私のおじいちゃんが双極性障害でマンションとビルを買っちゃって莫大な借金作ったって聞いてたので、それに比べたら可愛い金額でよかったです!!

 

先生「あ、おじいさん双極性障害だったの!でも○○さん(私)は双極性障害じゃないよ!

 

せんちゃん「へ!?

なんと先生はこの短い会話から言い切ったのだ!!!驚きを隠せないせんちゃんに先生は、

先生「もう○○さん(私)と出会って1年以上経つでしょう?1ヶ月くらいならわからないだろうけど、これだけ長くあなたを見てきたからわかるんだよ。

 

せんちゃん「わかるもんなんですか!??

先生「やっぱり各々その病気の特徴っていうのが出るんだよね。○○さんの場合解離性障害でうつ状態の期間が長いけど、躁(そう)状態がでるのはおかしなことではないんだよ

せんちゃん「そうなんですかあ、すみませんダジャレでは無く…

 

先生「躁の話はどうしてもダジャレっぽくなるんだよね〜(笑)人間には気分の波があって、浮いたり沈んだりするでしょう?〇〇さんが躁状態になるのは病的なものではなく、ごく自然なことなんだよ

せんちゃん「そうだったんですね、症状があてはまるからといって必ずしも病気であるわけではなかったんですね〜

先生「そうだね〜ネットに載ってるような診断テストはあくまで目安だから医者に確認に行ってもらうのがいいだろうね!

 

というような感じで双極性障害の疑いは晴れました!

いやぁ〜ドキドキしました!(笑)

 

 

私が感じた正直な気持ち

先生の話を聞いて私が感じたことは2つあります!

 

まず1つ目は『よかった…双極性障害じゃなかったのか…

2つ目は『双極性障害じゃなかったのか…残念だな

 

というものです。結局どっちやねん!って話ですが(笑)

薬の変更がなくてよかった!

『よかった』と思ったのは双極性障害に何か偏見を持っているとかでは無く、単純に薬の副作用が怖かったのです…

 

私が今飲んでる薬は、『女性である』『出産の可能性がある』ということから副作用や体への影響が少ないものを先生が選んでくれています。

 

さらに我が家は先祖代々糖尿病家系ということもあり、血糖値が高くても飲める薬を処方してもらっています。

(私は糖尿病予備軍)

今飲んでいる薬は確かに副作用は少ないです。

しかし!やはり薬を飲んでいなかった頃に比べるとだるさのようなものがあります…

双極性障害の薬は副作用が強いと前知識で知っていたのでそれを飲むには覚悟がいるな、と思っていました。

だから今回双極性障害じゃないと知り薬の変更がなかったことに対してよかったなと感じました!

 

残念!やっぱり治療の道は長かった!

『残念』だと思ったのは双極性障害でない場合、私は解離性障害なので完治が難しいということです。

 

双極性障害は再発の可能性は高いですが、適切な治療を行うことによって『完治が目指せる!』これが解離性障害の私にはとっても魅力的で…

 

解離性障害の治療は『完治』というところがかなり難しい病だと実感しております。

私は”双極性障害の可能性がある”と気づいてからは解離性障害は間違い双極性障害が正しい診断でした!となればいいなぁと思っていました。

はい、淡い期待でした(笑)

70代のお医者さんが私の担当医師なのですが、やっぱりさすがだなぁと言いますか、職業柄病気を見極める目を持ってはるんだなぁと少し感動しました。

 

長い治療がこれからも待っているのかと思うと少し残念だなぁと感じたのでした。

解離性同一性障害がよくわかる漫画!『実録解離性障害のちぐはぐな日々〜私の中のたくさんのワタシ』こんにちはせんちゃん(@senchan0413)です! 友人Jちゃんから解離性同一性障害の当事者の方が描いている素晴らしい...

 

おわりに

今回双極性障害では無い!という結果が出たので、今後は引き続き解離性障害の治療をしていきたいと思います!

 

また何か変化がありましたら報告したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ブロガー1年生
せんちゃん
自宅警備員歴が長いためうなぎのぼりに家事スキル・節約スキル・病気の知識があがる。それらをちょこちょこ紹介していきます。
\ Follow me /
こちらの記事もおすすめ!